釣り

【自作】お手軽で簡単!シジミルアーの作り方。

  1. HOME >
  2. 釣り >

【自作】お手軽で簡単!シジミルアーの作り方。

こんにちはみらくるです。今回は、シジミルアーの作り方をご紹介していきます。

ヘチ釣りのエサは、現地で採集するのが一般的かと思います。ですが、普段よく行く釣り場の注意事項に「イガイ等の採集を禁止しております」と書いており、採集が禁止されているとのこと 。

ということでスーパーでも手に入る「シジミ」を使って疑似餌を作っていこうと思います。

 

 

 

 

材料

  • シジミ
  • シリコンやボンド(耐水性があるもの)
  • 釣り針(カン付きのチヌ針や伊勢尼針)
  • ガン玉(2B~5Bがおすすめ)
  • 瞬間接着剤
  • 新聞紙
  • やすり(細め)

 

材料集め

今回使うシジミは近くのスーパーで購入しました。これぐらいの量であれば300円前後で買うことができます。

シジミの中身は耐水性のあるボンド、シリコンを使いました。

ちなみに、木工用ボンドは長時間水につけると溶けるようなので使えません。

釣り針はチヌ針4号~8号、伊勢尼針5~10号でカン付きタイプがおすすめです。

 

作り方

①シジミを茹でる

シジミを水で満たした鍋に入れ、殻が完全に開くまで茹でます。

沸騰したお湯に入れると温度差で殻が割れてしまうので、水から茹でるようにしましょう。

②身を取り出す

茹で終わったら、シジミの中身を取り出していきます。むき身は釣りエサにも使えるので保存しておくのもアリです。

貝殻に身が残っていると、乾いた時に生臭くなるので取り残しがないようにしましょう。

③乾燥させる

次に、シジミの殻を乾燥させていきます。今回は新聞紙の上に乗せ、天日干しで丸一日。

風が強いとシジミが飛ばされてしまうので注意してください。

④シジミに穴をあける

釣り針を通すための穴をあけていきます。家にある工具で色々試しましたがどれも上手くいかず… 結局、極細のやすりをホームセンターで購入し、穴をあけることにしました。

私が購入したやすりは0.8㎜のもので、このサイズが一番使いやすかったです。

 

⑤シジミにシリコンとガン玉を入れる

シジミに重さを加えるためにシリコンとガン玉を入れていきます。

今回は5g以内になるように調節しながら入れました。

⑥針をセットして、接着剤で貝殻をとじる

次に、釣り針を穴に通した状態を保ちながら、瞬間接着剤でシジミをとじます。

シリコンが半乾きの状態でやることをオススメします。完全に乾いた状態でやるとシジミを閉じれなくなります。

⑦完成!!

瞬間接着剤と中のシリコンが乾けば完成です!!

追加で匂いを付けてみたり、マニキュアなどで集魚力をUPさせるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

© 2022 みらくるブログ